当社の省エネ・節電対策用電子ブレーカーは自動制御により契約容量を下げて電気代を削減します。電力会社の規定に合致した信頼性高い節電対策機器で、店舗・事務所・介護施設のコストダウンを実現。中部電力計器委託店(株)イーマックス/名古屋

電気料金の節減Q&A

 
【よくある質問と答え】
電気料金を節減するためには、どんな方法が考えられますか?
次の方法が考えられます。
①電気料金の契約方法を見直し、削減が最適な契約に変更する方法。
  現在の「従量電灯100V」及び「低圧電力200V」という契約から二つの契約を一本化した契約
  である「低圧高利用契約」(中部電力の場合)に切り替える。
②電子ブレーカーを設置する方法。
   電子ブレーカーはブレーカーのON/OFFを電子制御することで過電流が流れても一定時間以内
  に定格電流を下回ればブレーカーが落ちない仕組み。これにより必要最低限の電力容量契約 
  でも 安定した電力を確保することが出来ます。
  電子ブレーカーを設置し契約容量を削減する事により月々の基本料金を削減できます。
③LED照明など省エネ機器を設置する方法。
  CO2削減の為、国の補助金を活用した導入方法も検討できます。
※従量電灯+低圧電力契約からまとめた契約プランへの変更イメージ図。
スライド1
matomekeiyakutigaizu
 
電気料金契約の見直しとは、具体的にどういう内容ですか?
従来の低圧電力契約は負荷設備契約のみでしたが、電力の規制緩和により、主開閉器契約(ブレーカー契約)との選択が可能となりました。
又、従来の低圧電力契約(電灯・動力)を一つにまとめた契約方法にすることで時間帯に関係なく
電気の利用度合いが高い場合にはよりお得になる場合があります。各電力会社により内容は少々異なりますが次のような契約方法があります。
 ※中部電力:低圧高利用契約
 ※東京電力:低圧高負荷契約
 ※関西電力:低圧総合利用契約
当社がお客様に代わり電力会社に申請書を提出する事で基本料金削減のご支援を致します。
従来の電気料金契約を一つにまとめた契約はどのような業種で有利ですか?
例えば以下のような電力使用状況のお客様におすすめです。
  ①24時間営業のコンビニや飲食業など。
  ②営業時間が比較的長い商店。
  ③グループホームなど一日中電灯を使用している施設など。
  ④事務所やマンション共用設備など。
  ⑤低圧電力200Vの使用量より、従量電灯100Vの使用度合いが大きい事業施設など。
 

 
 

既存の電気設備に電子ブレーカーを設置して問題は生じませんか?
既存の電気設備が使用されている事業所や店舗に、電子ブレーカーを設置しても全く問題はありません。
電子ブレーカーは、必要最低限の電力容量契約で 安定した電力を確保するもので、契約内容を見直し月々の基本料金を削減するための設備です。
電子ブレーカー設置の手順はどのようにするのですか?
設置は、削減効果(メリット)を判断するための事前調査、提案書ご提出、設備取付、電力会社への申請手続きとなっています。
設置費用については、設置するブレーカー容量、設置場所などで異なってくるため、事前調査の結果をご報告するときに見積書として提示します。
 
 
各電力会社の基本料金はどのようになっていますか?
電力会社ごとに設定されており、以下のようになっています。(平成26年11月現在)
電力会社別基本料金(1kW当たり) 平成26年11月現在 税込み
電力会社 従量電灯B・C(100V) 低圧電力(200V)
北海道電力 334.80円 1,263.60円
東北電力 324.00円 1,242.00円
北陸電力 237.60円 1,144.80円
東京電力 280.80円 1,101.60円
中部電力 280.80円 1,123.20円
関西電力 388.80円 1,058.40円
中国電力 399.60円 1,090.80円
四国電力 367.20円 1,096.20円
九州電力 291.60円 993.60円
沖縄電力 394.65円 1,306.80円
 
 
事前調査は、どの程度の時間がかかりますか?
事前調査は調査員1~2名が現地に伺い、約1時間程度の調査となります。
事前調査とは、どのようなことを行うのですか?
従量電灯100V・低圧電力200Vの設備機器類について、それぞれの「種類と電気容量」および「運転1サイクルの稼動時間」を調べます。
また、照明機器やオフィス機器等の重量電灯100V設備と業務用エアコンを含めた低圧電力200V設備の「通常時の電流値」および同時に起動した状態の「最大電流値」を専用計測器で計測し、
1日の使用電流の変化を調査します。
支払い方法はどのようになっていますか?
お客様の要望にお応えするために次の方法を用意しています。
  ①現金支払
  ②割賦支払
  ③リース
  ④レンタル(期間は継続使用期間中となります)
償却期間は何年ですか?
税務上の法定償却期間は15年となっております。

設置後の故障の対応などはどのようになっていますか?
設置後1年はメーカー保証。2年目以降はメンテナンス契約を結んでいただくことで不慮の災害
  などに対応いたします。
  ブレーカー容量の増設などには無償で対応いたします。
  費用は電子ブレーカー1台で年間12000円(月1000円)、電灯・動力の2台で20000円と
  なります。

 
グループホーム、ガソリンスタンド、喫茶店の電気代の削減・コスト削減・経費削減